エステ nikki: 04/16/2006 - 04/23/2006

nikki

nikki

日曜日, 4月 16, 2006

★相変わらず、バカ丸出しでんなー、「依存症」はん。

■ただいま、ブログの移転中です。しばらくお待ちくださいね。
●移転先はコチラです。(↓↓↓)●


ココをクリックすると、新しい「マチコの日記」へ

飛びまーす。よろしくね。今度はトラック・バック

もバンバン送るわね。期待しないで遊びに来てねー。








今日は、久しぶりに自宅でのんびり出来たので、いろんなブログを見て回っている。巡回中というわけだが、小沢一郎の登場で、あせりまくっているのは小泉自民党だけかと思っていたら、そうではなく、頭は悪いが、いつも元気だけが自慢の保守ブロガーの皆さんも同様のようだ。すっかり興奮して小沢批判に夢中になっている。

あたしは、「バカかこいつらー」と、お得意の「つぶやきしろー」ごっこをしながら、愛犬ワンといちゃつきながら、パソコンをいじっているところなのだ。で、やっぱりアタシのお気に入りは、「依存症の独り言」のバカっぷり。笑いをこらえつつ、読んだわよ。「小沢一郎を斬る」あたりから、頭に血が回らなくなったみたいで、パソコンの前で、震える手を握り締めながら、のたうちまわっている様が目に浮かぶわよ。

今頃、小沢一郎の批判や悪口言ったってつまんないわよ。ぜんぶ、パクリだもの。オリジナリティーてもんが、ぜんぜんないわよ。こういうときは、無視するのがオリジナリティーてもんよ。あるいは、「誉め殺し」とかさー。

「依存症」さんは、なにがなんでも安倍シンゾー支持者らしいが、なんか、くさくない? そんなに早々と正体をばらさないでよね。あたしの「喧嘩を売る」という楽しみが無くなるじゃないのよ。

安倍さんや安倍支持の皆さんは「国益」とか「国家観」とかという言葉がお好きなようだけど、安倍さんのどこに「国益」や「国家観」があるんざんしょうねー。杉村タイゾー君レベルの頭で、「国益」や「国家観」を語られてもねー。

「依存症」はんは、「外交や靖国参拝問題を国内の政局に利用する。これは、できれば避けるべきである。」などとボケたことを書いているが、外交や靖国参拝問題を国内の政局に利用しているのは、どこのドイツだよ。小泉と安倍だろうが…。

小泉・安倍グループは、政治危機に直面すると外交問題を持ち出す…。これって永田町のカラスでも知っている常識だわよね。近いうちに、小泉と安倍が、三回目の突撃訪朝をして、めぐみチャンやヘギョンちゃんを連れて凱旋帰国したりして…。

二度あることは三度あるというから、可能性はなくわないわよね。山崎タフマンや平沢スケベーさんあたりが、熱心に売国的な根回しをしているらしいよ。うまくいくといいわね。(笑)

それにしても「依存症」のブログの書き込みって長いわね。寸鉄、人を刺す…ような文章が書けないのかねー。長けりゃー、いいってもんじゃないわよ。出すときはさっさと出しなよ。話のポイント、物事の本質のことだけどね。(笑) 

いずれにしろ、バカの長話って醜悪だわよね。それに聞きほれているバカどもって、もっと気持ちが悪いけどね。

この文章は「依存症」さんのブログにトラックバックしておくけど、いつでも消してもいいわよ。どうせ、肝っ玉の小さい、気弱な小心者なんでしょう…。wwwwwwwwwww

===========以下引用=========
メディアも、このところ、次期首相候補は安倍氏が人気ダントツとしながらも、福田氏の人気が急浮上していると報じている。
中には、民主党代表に小沢氏が就任したのを受けて、自民党の次期総裁も、世代交代よりも安定志向が強まり、福田氏を推す声が高まる可能性がある、などという提灯記事を書く新聞もある。
外交や靖国参拝問題を国内の政局に利用する。これは、できれば避けるべきである。が、権力闘争は何でもあり。勝てば官軍である。外交や靖国が争点になるのも致し方ない。しかし、国益を考えない政治家だけは絶対に許してはならない。国よりも個利個略、派利派略を優先する政治家を断固弾劾する!!!
こうなったら、意地でも安倍晋三だ!!!
===========以上引用=========




★★というわけで、早速、「人気ブログ
ランキング」に登録しましたので、ラン
キングアップにご協力くださいね。★★

    (↓↓↓)
★★人気blogランキング★★

■なんと今頃、「石原慎太郎待望論」だもの。この人・・・「極右評論」(笑)

■ただいま、ブログの移転中です。しばらくお待ちくださいね。
●移転先はコチラです。(↓↓↓)●


ココをクリックすると、新しい「マチコの日記」へ

飛びまーす。よろしくね。今度はトラック・バック

もバンバン送るわね。期待しないで遊びに来てねー。






「極右評論」というブログがある。今、人気ブログランキングの二位にいる。別にそんなことはどうでもいいけど、チラッと覗いてみたら、石原慎太郎について書いているのだが、それが笑っちゃうような記事。

なんと今頃、「石原慎太郎待望論」だもの。この人、石原慎太郎という人間の何を、今まで見てきたのかしら。まさかプロマイドでも毎日眺めて、興奮しているんじゃないの。たしかに石原慎太郎って見てくれはいいわよ。しかし、中身は? 石原慎太郎って典型的な日和見主義のオポチュニストだろう。しかもズブズブの家族主義的なエゴイスト…。誰だってそれぐらいは見通しているわよ。石原慎太郎のインチキぶりを見抜けない右翼って…。

石原は、中川派という派閥を引き継いだにもかかわらず、カネにも人にも見放されて、派閥を維持できずあっさりと投げ出した男だよね。だから政界を引退し、作家に舞い戻ったわけよ。行くところがなくなって文壇という古巣に拾われて、隠居したというわけ。ところが、たまたま青島幸男の引退宣言で、この隠居老人に都知事のお鉢が回ってきただけよ。

石原慎太郎が、小沢一郎や菅直人を揶揄して、批判したらしいけど、みっともない批判だわね。動機は、明らかに「男の嫉妬」よ。目先を読むことだけは素早い男だから、「小沢一郎や菅直人の時代」が来るんじゃないか、と心配しつつ読んでいるのよ。早く出鼻をくじいとかなくちゃ、偉いことになる…っていうわけよね。

相変わらずみっともない男だわよ。その女々しい男に期待する「極右」なんて…。マンガ?(笑)


★★というわけで、早速、「人気ブログ
ランキング」に登録しましたので、ラン
キングアップにご協力くださいね。★★

   (↓↓↓)
★★人気blogランキング★★



===========以下引用=========
[菅直人氏]石原都知事は「ヒトラーのよう」 講演で批判
 民主党の菅直人代表代行は15日、仙台市で講演し、東京都の石原慎太郎知事について「石原氏の目指す政治は、もしかしたらヒトラーのような自分の理想を権力で実現したい政治だ。権力を持つほど使い方を考えるのが(政治の)原点だ」と述べ、政治姿勢を批判した。石原氏は民主党の小沢一郎代表について「私は彼を評価しません」と述べ、菅氏についても「薄い感じがした」と酷評しており、菅氏が反撃した形だ。  毎日新聞【須藤孝】

 この人はやっぱり都知事に色気があるのかも知れませんね。

http://blog.livedoor.jp/central_press/archives/50543020.html

 現在、日本で誰が一番宰相に相応しいのか?私は石原慎太郎東京都知事をいの一番に挙げる。石原先生こそ日本のリーダーとして任せられる政治家だ。

わたしはかってテレビでの石原先生の発言に胸がすっきりしたのを今でも忘れない。

 日曜の朝、田原総一朗の司会で放映されている「サンデープロジェクト」で、『憂国の志士・石原慎太郎VSリベラルの旗手・菅直人』の討論が行われたことがある。

 石原先生は民主党を「吹き溜まりの政党で論評にも値しない」とばっさり切って捨てた。そして「菅君にとって国家とは何か!」とその国家観を問いただした。

 これは菅直人民主党代表(当時)が常々市民派の代表として、国家を蔑ろにしていると石原先生は苦々しく思っていたからだろう。この突然の石原先生の挑戦に、菅代表はしどろもどろで何も答えられない。

 司会の田原氏が見かねて「私達の戦前の時代には国家に対する忠誠が求められた、その結果が戦争・敗戦ということで、国家の価値がまったく一変してしまい・・」などと国家の尊厳を傷つけるような話をはじめた。

 石原先生は怒った顔で田原氏を睨みつけ「君、そんな自分の体験で国家を論じちゃダメだよ。国家とはそんなものじゃない」とぴしゃりと言った。いつもは傲慢無礼な語り口の田原氏も返す言葉がなかった。
===========以上引用=========



★★というわけで、早速、「人気ブログ
ランキング」に登録しましたので、ラン
キングアップにご協力くださいね。★★

   (↓↓↓)
★★人気blogランキング★★