エステ nikki: ■なんと今頃、「石原慎太郎待望論」だもの。この人・・・「極右評論」(笑)

nikki

nikki

日曜日, 4月 16, 2006

■なんと今頃、「石原慎太郎待望論」だもの。この人・・・「極右評論」(笑)

■ただいま、ブログの移転中です。しばらくお待ちくださいね。
●移転先はコチラです。(↓↓↓)●


ココをクリックすると、新しい「マチコの日記」へ

飛びまーす。よろしくね。今度はトラック・バック

もバンバン送るわね。期待しないで遊びに来てねー。






「極右評論」というブログがある。今、人気ブログランキングの二位にいる。別にそんなことはどうでもいいけど、チラッと覗いてみたら、石原慎太郎について書いているのだが、それが笑っちゃうような記事。

なんと今頃、「石原慎太郎待望論」だもの。この人、石原慎太郎という人間の何を、今まで見てきたのかしら。まさかプロマイドでも毎日眺めて、興奮しているんじゃないの。たしかに石原慎太郎って見てくれはいいわよ。しかし、中身は? 石原慎太郎って典型的な日和見主義のオポチュニストだろう。しかもズブズブの家族主義的なエゴイスト…。誰だってそれぐらいは見通しているわよ。石原慎太郎のインチキぶりを見抜けない右翼って…。

石原は、中川派という派閥を引き継いだにもかかわらず、カネにも人にも見放されて、派閥を維持できずあっさりと投げ出した男だよね。だから政界を引退し、作家に舞い戻ったわけよ。行くところがなくなって文壇という古巣に拾われて、隠居したというわけ。ところが、たまたま青島幸男の引退宣言で、この隠居老人に都知事のお鉢が回ってきただけよ。

石原慎太郎が、小沢一郎や菅直人を揶揄して、批判したらしいけど、みっともない批判だわね。動機は、明らかに「男の嫉妬」よ。目先を読むことだけは素早い男だから、「小沢一郎や菅直人の時代」が来るんじゃないか、と心配しつつ読んでいるのよ。早く出鼻をくじいとかなくちゃ、偉いことになる…っていうわけよね。

相変わらずみっともない男だわよ。その女々しい男に期待する「極右」なんて…。マンガ?(笑)


★★というわけで、早速、「人気ブログ
ランキング」に登録しましたので、ラン
キングアップにご協力くださいね。★★

   (↓↓↓)
★★人気blogランキング★★



===========以下引用=========
[菅直人氏]石原都知事は「ヒトラーのよう」 講演で批判
 民主党の菅直人代表代行は15日、仙台市で講演し、東京都の石原慎太郎知事について「石原氏の目指す政治は、もしかしたらヒトラーのような自分の理想を権力で実現したい政治だ。権力を持つほど使い方を考えるのが(政治の)原点だ」と述べ、政治姿勢を批判した。石原氏は民主党の小沢一郎代表について「私は彼を評価しません」と述べ、菅氏についても「薄い感じがした」と酷評しており、菅氏が反撃した形だ。  毎日新聞【須藤孝】

 この人はやっぱり都知事に色気があるのかも知れませんね。

http://blog.livedoor.jp/central_press/archives/50543020.html

 現在、日本で誰が一番宰相に相応しいのか?私は石原慎太郎東京都知事をいの一番に挙げる。石原先生こそ日本のリーダーとして任せられる政治家だ。

わたしはかってテレビでの石原先生の発言に胸がすっきりしたのを今でも忘れない。

 日曜の朝、田原総一朗の司会で放映されている「サンデープロジェクト」で、『憂国の志士・石原慎太郎VSリベラルの旗手・菅直人』の討論が行われたことがある。

 石原先生は民主党を「吹き溜まりの政党で論評にも値しない」とばっさり切って捨てた。そして「菅君にとって国家とは何か!」とその国家観を問いただした。

 これは菅直人民主党代表(当時)が常々市民派の代表として、国家を蔑ろにしていると石原先生は苦々しく思っていたからだろう。この突然の石原先生の挑戦に、菅代表はしどろもどろで何も答えられない。

 司会の田原氏が見かねて「私達の戦前の時代には国家に対する忠誠が求められた、その結果が戦争・敗戦ということで、国家の価値がまったく一変してしまい・・」などと国家の尊厳を傷つけるような話をはじめた。

 石原先生は怒った顔で田原氏を睨みつけ「君、そんな自分の体験で国家を論じちゃダメだよ。国家とはそんなものじゃない」とぴしゃりと言った。いつもは傲慢無礼な語り口の田原氏も返す言葉がなかった。
===========以上引用=========



★★というわけで、早速、「人気ブログ
ランキング」に登録しましたので、ラン
キングアップにご協力くださいね。★★

   (↓↓↓)
★★人気blogランキング★★

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home