エステ nikki: ■「依存症の馬鹿」様は、英語の達人だった???。はははは。

nikki

nikki

水曜日, 3月 29, 2006

■「依存症の馬鹿」様は、英語の達人だった???。はははは。

「依存症の馬鹿」様を、ナメんなよ、と思ったら、ついでに、ここも押してね→人気blogランキング


「依存症の馬鹿」様が、サイモンとガーファンクルの「人生に架ける橋」だかなんだか知らないけど、なんやらわけのわからない洋物の歌を持ち出してきて、「うーん、癒されるなあー」なんて、ちょっと国際的な芸能通を気取ってみたら、あららららららー。とんでもないことに、おなり遊ばされているではございませぬか。歌って言ったら「ああ上野駅」と「下町の太陽」しか知らないアタシには、なんのことだか、ちつともわかんないけど。「依存症の馬鹿」様がバカだ…ってことが証明されたらしいということだけは、わかるわよ。

それにしても、「speek easy 社会」のマナサンって、とつても意地悪な方よね。他人の誤訳を指摘して、ネチネチと揚げ足取って喜んでいるなんて…。アタシだったら、そんな陰険な揚げ足取りなんて絶対、しないわよ。整理整頓前で、気分がムシャクシャしたら、万引きの代わりに、たまにはするけど…(笑)。

■ここクリックしてねー「依存症の馬鹿」様は実は「英語音痴症」でした…。
■是非、ここもクリックしてねー「依存症の馬鹿」様は英語の達人なのらー(笑)

なんやら、「依存症の馬鹿」様が、馬鹿丸出しで、つまりなんだかんだの神田の隣の馬鹿田大学中退の分際で、畏れ多くも英語の歌詞に自己訳をつけてみたら、その訳がトンデモな訳だったらしいのだわ。というわけで、「依存症の馬鹿」様は「英語の達人だった???」ごっこ…で、ただいま炎上中ってわけよ。

こう見えても、アタシは、「アナタってほんとにフランス語やドイツ語に関しては達人だわねー」と友達に言われてはいないけど、英語となると、それがとたんにマルデ駄目夫なのよね。だからこの問題には、介入できないわ。ザンネン。

だから言ったじゃないのよ、「依存症の馬鹿」様は、官邸受け売り情報を鵜呑みにして、居酒屋オヤジレベルの政治記事か経済記事を垂れ流しておけばいいのよね。文化人気取りはやめなッ、て。もう一度、忠告しておくわ。難しいことには手を出すな、って。「老人と子供のポルカ」にとどめておきなさい、って。スビスバー。そうじゃないと、「依存症の馬鹿」様の揚げ足取りと桁繰りという、アタシの隠微で卑猥な楽しみがなくなるものね。

「依存症の馬鹿」様、誤訳なんてなんぼのもんよ。誤訳なんて忘れなさいね。みんな、天才もも基地外も、誤訳して大きくなったのよ。もしくは、「誤訳も文化交流だ、あらゆる翻訳は誤訳だ、誤訳なくして文化の発展はない、わが辞書に誤訳という言葉はない・・・」なんて居直って、一流文化人を気取りなされ。ははははは。

いずれにしろ、「依存症の馬鹿」様、無知無学、無教養をブログで晒されても、めげずに頑張ってね。次の誤訳、期待してするわよ。今度はフランス語かドイツ語からの翻訳にしてね。ほしたら、アタシも、参戦しないカモンベービー。

最後まで読んでくれてありがとう。ついでに、ここも押してね→人気blogランキング

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home