エステ nikki: 土佐の高知さん、ありがとう。調子に乗って、ますます突撃するわよーん。

nikki

nikki

土曜日, 3月 11, 2006

土佐の高知さん、ありがとう。調子に乗って、ますます突撃するわよーん。


■上野駅前にある「ああ、上野駅」の記念碑。


クリックしてね。→人気blogランキング

■今日は久しぶりに、アメ横界隈をほっつき歩いて、その後でアブアブで、安物を買いあさっていたら、やはり歳には勝てぬらしく、すっかり疲れちまって、何も書く気になれないわ。と言いたいところだけど、おっとドスコイ、そうは問屋が卸さないようで、新聞を見ると、事件だ、事件だー、って具合に大事件が目白押しつて感じ。

というわけで、昨日、西村真悟の初公判出廷のニュースが流れたと思ったら、今日は早速、公明党が自民党のスネキズ幹事長の武部を扇動して、西村先生への議員辞職決議案だ、つーじゃないの。まったく、傷物同士で、公明も武部もミエミエだから、いやんなっちまうわ。テメーら、「中尾ミエ」じゃなくて「山口ミエ」かっ、つーの。もうほんとにバレバレじゃなく、ミエミエなんだから。公明も武部も、悪あがきはいい加減にしてもらいたいもんだわ。そんなにヒューザー小島とパッパラパー姉歯、伊藤ハムスターを、そして武部ジナンをまもりたのかしら。

「政治家はサムライ、自分で腹を切れ」と永田君に迫った渡部黄門様みたいに、一斉に「腹切り」を勧告したほうが身のためじゃないの。いずれにしろ、こんな時に、調子こいて、西村真悟先生をダシにつかわなで欲しいわね。議員辞職して欲しいのは、武部よ、テメーらだッ、つーの。

日銀がとうとう量的規制緩和の解除に踏み切るというニュースが流れたが、いよいよ経済政策の転換が始まった感じだわね。緊縮財政か積極財政か、って議論はずーっと続いてきていて、アタシは一貫して積極財政論、総需要拡大論、景気回復優先論だつたわ。小泉・竹中一派は、それに対して、もうコケの一念というか、恥の上塗りというか、意固地というか、前後の見境もなく反対し続け、日本の景気をどん底に引き摺り込んで、それでもまだ景気回復より緊縮財政による財政再建なんて寝言を繰り返しているはずよ。おそらくこの日銀の決定は、「小泉後」を狙ったものだろうと思うわ。小泉一派はガセメール問題で、体制を立て直したらしいけど、日銀対小泉・竹中一派の権力闘争というレベルで考えれば、ちょつと遅かったわね。

確かに小泉サイドとは打ち合わせの上での、つまり小泉一派の了解を得た上での公式発表だろうが、小泉・、中一派は反対だったはずよ。それにしても、日銀の「小泉離れ」は決定的となったと見ていいわね。日銀に論争を仕掛けていた竹中ヤワラちゃんの敗北はこれで明白になつてきたわよ。竹中クンの顔が見てみたいわ。なーんて思っていたら、テレビにチラッと写ったけど、経済諮問会議一派からも見放されて、踏んだりけったりで、あのヤワラちゃんスマイルも歪んで、引付を起こしているような感じだったわよ。いい気味だわ。これからもつと絞めないとね、このポンチ野郎は。

さて、東シナ海ガス田開発や靖国参拝などをめぐる「日中罵倒猿蟹合戦」もなかなか面白い見ものだわね。この罵倒合戦、一部には「デキ・レース」という解釈もあるらしいけど、はたしてどうなのかしら。二階俊博とか福田康夫とか、中国ら尻尾を振る政治家は少なくないけど、はたして中国政府の深慮遠謀はいかに…。意外にも、中国政府は安部政権に期待しているのかもよ。今頃は、小泉とコキントーの関係は、小泉とキムジョンイルの関係と同じじゃないのかな。二階俊博を橋渡しにして話はついているわよ。小泉サプライズって、国民を裏切ることによってしか成り立たないわよ。小泉・安部政権による日中友好外交への転向、これが最後のサプライズかもよ。

なーんてことを、よだれをたらしながらいい気持ちで居眠りしつつ、ぼんやり考えいたら、下のような記事を発見。夢かしら。いや、ちがう。現実かしら、いやちがう。とすれば、夢の中の現実かしら。いや、違う。じゃ、なんなんだよー、というわけで、頬っぺたをパチパチとやつたら、見えてきたわねー。なんと、「マチコがんばれ」だつて、さ。言われなくても頑張るけど、言われればもっと頑張るわよ。それから、「ああ上野駅」も「下町の太陽」も、世代や時代とは関係なく、カラオケで覚えた歌だから誤解しないでね。アタシにとっても、「上野はー、心の駅だー」なんだよねー。というわけで高知の土佐さん、いや、土佐の高知さん、まあ、あなたのことは、下町女の名誉にかけて、フアン第一号としてしつかり覚えておくわね。アタシ、共産党もサヨクも、今は大好きよ。「確かな野党」なーんて、大好きよ。あたしなんて身も心も、確かな野党そのものだわよ。なんせ、下町生まれで下町育ち、そして今住んでいるのが御徒町。泣きたくなるぐらいの「確かな野党」だわよ。アタシは大好きだけど。それにね、女の脱腸じゃなくて、脱字。ふんなもの気にしないでよね、土佐の高知の一本釣りなんだからさー(笑)。

土佐高知の雑記帳
マチコがんばれ!
ランキングみていたら、『マチコの「小泉退陣なくして日本再生なし」』というブロガーがニューフェースで登場してた。
「マチコ」という名前と、「下町育ちの「妙齢の美女」が尻を捲ります」というランキングのコピーにひかれてのぞいてみた(^○^)

いやはや元気な下町の「妙齢の美女」だ(写真もイイゾ)。

キャッチコピーに「めざせ、ランキング一位」とあるから、当然だが、さっそくダントツトップを走っている「依存症の独り言」氏に「ご挨拶代わりにちょつくらコメント」かけて、書き込み禁止になったという(ひえー(^_^;)。

それでプロフィールみたら、
お気に入りの映画…シェルブールの雨傘。
お気に入りの音楽…ああ上野駅。下町の太陽。あばよ。
お気に入りの本…中島みゆき詩集。ランボー詩集。辻潤詩集。春日井建歌集。トロッキー全集。ケインズ全集。ヴァージニア・ウルフ全集。
というから、スゲエ!!

「シェルブールの雨傘」はカトリーヌ・ドヌーブ主演の映画で、「ああ上野駅」って、♪上野は俺らの 心の駅だ?の井沢八郎の歌で、「下町の太陽」は倍賞知恵子の歌で…(*_*;
ああ、東京の下町女の年齢は、田舎者にはわからん!!

でも、おそらく思想的には正反対なのだろうが、この気風のよさとわけのわからなさ、そして少し「きっこのブログ」に似ているようなタッチ(こう書いたら気分害するかもしれないが)、名前もふくめて応援するぞ(ただ、人のことは言えないが、脱字はなんとかしてほしい)!!


クリックしてね。→人気blogランキング


■西村議員の辞職勧告提出 自公共同、異例の対応
西村議員の辞職勧告提出 自公共同、異例の対応

 自民、公明両党は10日昼、弁護士法違反などの罪に問われている西村真悟衆院議員(民主党除籍)の議員辞職勧告決議案を河野洋平衆院議長に共同提出した。自民党内には「議員の身分の問題を軽々に扱うべきではない」との慎重論が強かったが、武部勤幹事長が押し切る形で、公明党の強い姿勢に同調した。

 衆院事務局によると、与党が衆院で議員辞職勧告決議案を過去に提出したケースはなく、今回の対応は極めて異例だ。

 これに先立ち、自民党の村田吉隆国対筆頭副委員長は国会内で民主党の平野博文国対委員長代理に決議案の提出方針を伝達。平野氏は「止める理由はない」と述べた。民主党幹部も「賛成せざるを得ない」と指摘しており、採決では賛成する方向で党内調整を進める方針。

 自民党は10日午前の役員連絡会で同決議案の扱いを協議し、武部氏は「国民の目に分かりやすく毅然(きぜん)と対処すべきだ」と提出に前向きな考えを表明。これに対し、細田博之国対委員長らは慎重な考えを示していた。

 この後、公明党の東順治国対委員長が細田氏と会談し「公明党は決議案を単独でも提出する」との強い決意を示したことを受け、公明党との共同提出に踏み切った。公明党は9日、西村議員が初公判で名義貸しの事実を認めたことを受け「不法行為が明白になった」として、議員辞職勧告決議案の共同提出を自民党に呼び掛けていた。

 同決議案は可決されても強制力はない。これまで可決は、衆参両院で3例。

産経(03/10 12:34)


■竹中総務相「日銀法改正も」 量的緩和解除を牽制
竹中総務相「日銀法改正も」 量的緩和解除を牽制
竹中総務相は25日の閣議後の会見で、日銀が金融政策決定会合で決めた条件をもとに量的緩和を解除すると表明していることについて「政策目標は政府と日銀が協議すべきなのに、中央銀行が政策目標を決める独立性を持っているかのような議論が一部に行われている」と述べ、日銀を牽制(けんせい)した。さらに、「日本では中央銀行の独立性が何を意味するのか、非常にあいまいだ。このままにしておくと、日銀法を改正した方がいいという議論が政治の場で出てきうる」と日銀法改正論議の可能性にまで言及した。 竹中氏は、米国型の消費者物価指数を今後発表する方針も表明。原油高の要因が除かれ、現在の総合指数より0.3%程度低くなるといい、デフレ継続を示して日銀を牽制する狙いとみられる。
asahi.com2005年11月25日

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home